フィンペシアの副作用は主に性機能の低下と肝機能の障害

フィンペシアヘッダー

最も多い副作用は性欲減退や勃起不全など

フィンペシアの男性ホルモン抑止作用が関係

フィンペシアの副作用

フィンペシアの先発薬プロペシアの臨床試験で報告された主な副作用として、性欲減退や勃起不全といった生殖機能の障害が見られました。

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等であった。

出典:プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg添付文書

フィンペシアの副作用で最も多いのが、男性ホルモンの減少による性欲減退です。これは、フィンペシアの作用機序がホルモンバランスに影響しているためだと考えられています。
フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンの産生を止める作用があります。
本来、性欲や精子の量に関係するのは善玉男性ホルモンであるテストステロンではあるものの、フィンペシアの服用によってテストステロンの量に対しても何らかの影響をおよぼしていると考えられています(テストステロンとの関連性は詳しく分かっていません)。
テストステロンが減少することにより、睾丸で生産される精子も減少して生殖機能の低下が起こります。

とは言え、副作用が発症する確率は比較的少なく、多くの人は服用し続けても特に問題なく治療効果が出ています。また、長期服用によって副作用の発症率が増加するようなこともありません。

参考:どう答える?患者さんの疑問 第2回|5α還元酵素阻害薬 プロペシア®|MSD

性機能の低下による、性生活や妊娠への影響

フィンペシアの服用によって起こりうる性機能の副作用は以下の通りです。

ED(勃起困難、勃起不全)
勃起しづらい、もしくは勃起しなくなる
ペニスや陰嚢が萎縮してしまう
性交の障害
精液の減少
射精障害(オーガズムを感じなくなる)
ペニスや陰嚢の感覚がなくなる
ペイロニー病(陰茎形成性硬化症)
陰茎内の組織が柔軟性を失い、勃起時すると陰茎が不自然に反り返ってしまう病気。進行すれば勃起不全や性交障害となる場合も。

生殖機能の低下は、それまで健全な性生活を営んでいた人にとっては厄介な問題です。
フィンペシアを服用してから勃起しなくなったり、セックスの時にも中で折れてしまったり絶頂(オーガズム)が出来ないといった障害が起こるのです。
さらには性欲減退という状態にもなるので、男性からセックスを求める事が無くなっていきます。当然ながらパートナーの女性は欲求不満となり、円満な夫婦生活にも次第に支障をきたしてくるでしょう。
また、フィナステリドは精液に混じってしまうので、服用中に性交をして妊娠すると胎児に悪影響をおよぼすのではないかという懸念もあります。理論上は妊娠しても子供に影響はないと言われていますが、気になる方は一旦フィンペシアの服用を中断して1~2ヶ月待ってからセックスを行うようにします。

その他まれに起こる副作用として肝機能障害など

肝臓が悪い人は肝機能障害のリスクも

他のお薬に比べて比較的少ないと言われていますが、肝機能にも影響をおよぼすことがあります。
服用によって肝機能のALTやASTといった値が基準値を超えてしまうと、肝臓の検査が必要となります。
場合によってはフィンペシアの服用を中断せざるを得ない状態にもなりえます。
特にもともと肝臓が弱い方や既に何らかの肝機能障害を併発している方は服用できません。

身体におよぼす副作用

フィンペシアの作用でホルモンバランスが崩れる事により、乳房が女性化する事があります。また、海外で報告されたケースとしては乳がんの発症もごくまれにあります。

他にも身体面で以下の様な副作用が起こることがあります。

慢性疲労、倦怠感、筋肉萎縮、蕁麻疹、発疹、皮脂の減少、乾燥肌、肌が薄くなる、肥満、体重増加、体温低下、虚弱、めまい

精神面におよぼす副作用

フィンペシアの服用によってホルモンバランスが乱れると、まれに抑うつ状態を引き起こす事もあります。性欲減退や倦怠感と併発することも多く、日常生活そのものに対しても億劫になってしまいます。