フィンペシアの正しい飲み方は0.2mg~1mgを1日1回服用

フィンペシアヘッダー

フィンペシアの用法・用量

フィンペシアは1日1回、1錠飲みましょう

フィンペシアの用法・用量として1日1回、1錠(1mg)を飲みます。必ず守らないといけないのが1日1mgが上限ですので2錠以上は飲まないようにしてください。
日本における先発薬プロペシアにおいては、1日0.2mgから飲み始めて適宜増減していきます。日本では0.2mgの錠剤が認可されているため、細かい服用量の調節ができますが、最大服用量はやはり1mgとなります。

服用するタイミングですが、基本的に時間の決まり事はありません。これは病院や薬局でもよく言われることですが、お薬のタイミングとしては食後や寝る前など、ご自身が忘れない時間帯を選ぶのがベストです。服用間隔を24時間に保つことで薬の効果が安定しますので、できるだけ毎日きまった時間に飲むように心がけましょう。
また、他のお薬との飲み合わせに関してですが、現状においてフィンペシアは併用する事で問題が発生する薬剤はありません。

フィンペシアを服用する期間

フィンペシアは長期服用が基本です

フィンペシアは長期服用が基本です

フィンペシアを服用する期間に関してはAGAの症状によって個人差が出ますが、基本的には年単位の長期服用とお考えください。

フィンペシアの効果が明確に出るまでは少なくとも半年はかかると言われており、この期間は必ず毎日飲むようにします。
人によっては早くて3ヶ月程度で効果が出る場合もありますが、服用を止めると再び症状が悪化するので、継続的に飲まなければ意味がありません。

フィンペシアは改善効果が出た後も、その効果を維持するために飲み続けます。薄毛が目立たなくなって毛髪にボリュームが出てくるまで1年~3年は見ておいたほうが良いでしょう。

フィンペシアの副作用や初期脱毛に関して

フィンペシアの服用によって、副作用として性欲減退・精液減少・勃起不全といった生殖機能の低下が起こる場合もありますが、もし生活に支障をきたすようであれば一旦服用を中止して様子を見ましょう。

フィンペシアによるAGA治療は長期が基本であり、根気よく飲み続ける事が大事です。
また、半年たってもなかなか効果が出ない場合は、毛髪に良くない生活習慣や洗髪不足などの要因で効果を妨げている場合もあります。
毛髪に負担をかけるような生活習慣は、初期脱毛と呼ばれる多量の抜け毛を長引かせる要因ともなります。
フィンペシアを飲んでいるからといって、頭皮のケアをせず不摂生な生活を送ると、治療を遅らせてしまいます。
フィンペシアでAGA治療を行う際には、栄養バランスの取れた食事を取り、適切なスカルプ(頭皮)ケアを行う事が肝要です。

ミノキシジルとの併用に関して

発毛効果のあるのはミノキシジルのみ

フィンペシアは抜け毛を止めてヘアサイクルを治すお薬ですので、直接的な発毛効果はありません。そこでフィンペシアと共に利用されている発毛剤がミノキシジルです。
ミノキシジルは血管拡張作用によって頭皮の血行を促進し、毛根部分の毛乳頭や毛母細胞を活発化させます。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発されたお薬ですが、プロペシアと同様に脱毛症に対しても治療効果が発見されたので、発毛剤としても販売されました。国内では商品名リアップとして、大正製薬より販売されています。
ミノキシジルは塗り薬と飲み薬がありますが、国内で認可されているのは塗り薬のリアップおよびメディカルミノキです。内服薬のロニテンはAGAに対して認可されていないものの、外用薬よりも薬の成分が患部に行き渡りやすい特性があり、AGA治療において外用薬よりも高い効果が期待できます。

ミノキシジルはフィンペシア(フィナステリド)との相性が非常に良いと言われています。正しく使えばAGA治療におけるめざましい相乗効果が期待できますので、用法・用量を守って効果的に使いましょう。

ミノキシジルの使用方法

ミノキシジル外用薬の塗布は1日2回、1回につき1mlを脱毛している頭皮に塗布します。
ミノキシジルの外用薬は、通販サイトで多くのジェネリック医薬品が販売されており、リキッドタイプからムースタイプまで多種多様です。細かい使用方法は異なりますが、原則として上記の用法・用量を守りましょう。
ミノキシジル外用薬の主な副作用としては、頭皮の痒みがあります。使用を中断すれば症状が収まりますが、副作用が気になる方は医師に相談するようにしましょう。

ミノキシジル内服薬の服用について

ミノキシジル内服薬はAGA治療に対する適応がないため、AGAに対する正式な用法・用量は定められていません。AGAに対するミノキシジル内服薬の服用は完全に自己責任となりますのでご注意ください。
ミノキシジル内服薬を服用する場合は、1日1回、1錠(5~10mg)を飲みます。
ミノキシジル内服薬は副作用として動悸や胸の痛みといった心血管系の症状が出やすくなりますので、心機能障害などを患っている方は服用前に必ず医師に相談をしましょう。

フィンペシアは通販(個人輸入)で購入できます