フィンペシアの効果、医学的に証明された抜け毛防止効果

フィンペシアヘッダー

フィンペシアの主成分フィナステリドの臨床試験で実証された2つ効果

98%の患者が3年間、薄毛の進行がストップ

プロペシア臨床試験では98%の患者において3年のあいだ薄毛の進行がストップ
出典:<国内データ 3年>臨床成績|5α還元酵素阻害薬 プロペシア®|MSD

フィンペシアの主成分フィナステリドの効果は、先発薬プロペシアの臨床試験で実証されています。
24歳から50歳の男性型脱毛症患者(軽度~中等度)を対象として行われたプロペシアの臨床試験では、3年間にわたって主成分フィナステリドの投与が行われました。
その結果、被験者の実に98%において、薄毛の進行が認められませんでした。AGAによる薄毛は進行性ですので、プロペシアによって進行を遅延する効果が実証されました。

58%の患者が1年間の服用で薄毛の改善を実感

プロペシア臨床試験では1年間の投与によって58%の患者において薄毛が改善
出典:<国内データ 3年>臨床成績|5α還元酵素阻害薬 プロペシア®|MSD

1年間の投与で被験者の58%において薄毛の改善が見られ、それ以降も継続投与によって改善は維持されました。改善の程度は部分的にうっすら濃くなる軽度のものから全体的なボリュームアップといった著明なものまで個人差がありますが、服用を続けることにより、半数以上の方が自毛復活を実感できました。

5年間の長期投与によってさらに効果が向上

日本では上記の臨床試験とは別に、5年間にわたる長期試験も行われ、99.4%とさらに高い効果が認められました。

別の 801 名の「日本人」男性被験者を対象とした観察研究において,フィナステリド(1 mg/日)5年間の内服継続により写真評価において効果が 99.4%の症例で得られた。40 歳未満の症例,重症度の低い症例でより高い効果を示した。

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版:PDF

海外で行われた臨床試験では毛髪数に変化

米国FDAで行われた5年間の臨床試験では、被験者の頭皮の直径1インチの円内(1インチは2.54cm。500円玉ほどの大きさ)の毛髪数を計測し、フィナステリドとプラセボ(薬効成分の含まれない偽薬)のグループに分かれて投与が行われました。
試験開始時点での平均的な毛髪数は、全体で876本でした。投与開始から1年後には、フィナステリドを投与したグループはプラセボを投与したグループに比べ、平均毛髪数が126本多くなりました。さらに5年後には、平均的な毛髪数の差は277本まで広がりました。
プロペシアおよびプラセボのグループの患者にアンケートを行ったところ、頭髪の全体的な改善を実感した患者の割合はプロペシアが63%でプラセボが20%、頭頂部においてはプロペシアが59%でプラセボが13%、前頭部の生え際においてはプロペシアが48%でプラセボが7%でした。

参考:Propecia: Five Year FDA Clinical Trial Results:英文

これらの結果により、フィナステリドは継続服用することでAGAに対して高い効果を発揮することが実証されました。プロペシアと同量のフィナステリドを含んだフィンペシアにおいても、同等の効果が期待できます。

フィンペシアの効果が出るまでの期間

半年ほどで効果が明確に出てきます。

フィンペシアを服用し始めてから半年ほど経つと、抜け毛の減少や生え際の産毛など目に見えて効果を実感できます。抜け毛が減る事によって、AGAの進行を止める『現状維持効果』が最初に出ます。フィンペシアの効果がどの位の期間で実感できるかは、AGAの症状や進行状況などで個人差があります。

さらにフィンペシアの服用を続けていくと、1年後には脱毛部分の密度に少しずつ変化が見られます。
フィンペシアの治療は長期服用となりますが、3年後にはさらなる改善および改善の維持が期待できます。

以下、時系列で見られるフィンペシアの治療効果です。

3ヶ月
最初の頃は初期脱毛で抜け毛が増えます。また、生え際には産毛が目立つ状態です。
4ヶ月~半年
産毛が徐々に太くなっていき、少しずつ成長します。産毛の成長によって薄毛が目立たなくなります。
半年~1年
プロペシアの添付文書でも記載されている、明確な効果を実感する期間です。抜け毛が減り、髪のボリュームアップが分かります。生え際の後退もストップし、それまで産毛だった生え際の毛髪も太く長く伸びるようになります。
1年~3年
なかなか改善が見られなかった部位にも効果が現れ、全体的に薄毛が減っていきます。
4年以降
上記で改善した毛髪がしっかりと維持され、薄毛の悩みも解消されます。

参考:プロペシア®の治療期間と期待される効果:PDF

フィンペシアは頭頂部と前頭部の薄毛に有効

抜け毛を防いで生え際の後退を防止

フィンペシアは主に、前頭部および頭頂部(O字)の薄毛に対して効果を発揮します。これら部位に起こる抜け毛を防ぎ、生え際の後退をストップさせます。
AGAには前頭部(生え際)から薄毛が進むタイプと頭頂部から進むタイプ、両方同時に進むタイプの3種類に分類されます。

頭頂部の薄毛は自身で気づきにくく、ある程度進行した時に他人から指摘されてショックを受ける、という場合も多いです。
前髪や頭頂部のボリュームが気になってきた、という方は治療をしなければどんどん後退が進んでしまいます。AGAは遺伝して発症しやすいので、親族でAGAの方がいた場合も明日は我が身と思って用心しましょう。

AGAは症状が進んでしまうと、フィンペシアでも回復が難しくなっていくので、気になり始めたならば早期の服用が大事です。
フィンペシアを長期で服用し続けていけば症状の改善も期待できますので、焦らずに根気よく治療を行いましょう。

生え際にはミノキシジルとの併用が有効

生え際(M字)の薄毛は、主に頭皮の血行が悪い事が原因であると言われています。生え際(M字)はもともと血管が少ないうえに頭皮も硬く、毛髪にとって劣悪な環境の部位です。このため生え際(M字)の薄毛に対してはAGA治療薬の効果が出にくく、治療は根気が必要となります。

生え際(M字)のような難しい部位の薄毛に対しては、頭皮の血行を促進する発毛剤「ミノキシジル」との併用が有効になります。
フィンペシアとミノキシジルは作用機序が異なるため、お互いに影響しあうことはなく安全です。
フィンペシアによって抜け毛を防ぎつつ、ミノキシジルで血行を促進して発毛を促せば、攻守一体の強力な薄毛治療が可能となります。 ミノキシジルとフィナステリドは相性が良く、これらの2剤はクリニックでも多く処方されている組み合わせです。

関連記事:フィンペシアとミノキシジルの併用で、より効果的な薄毛治療

精神面におけるフィンペシアの効果

不安や悩みの解消は毛髪環境の改善にも

フィンペシアの大きな効果として、AGAに対する不安や悩みといった精神面での苦痛を緩和します。
AGAは進行性の脱毛症ですので、放っておくと抜け毛はどんどん増加していき、髪のボリュームも薄くなっていきます。AGAを発症すると、多くの人が自分の将来の姿に対して不安を抱きます。周囲の目が気になり、異性や就職活動に対しても消極的になり、悩みがつきまとうようになります。

AGAは人によって精神さえ蝕み、うつ病などの精神疾患を併発するケースも多く見られます。
薄毛に対して必要以上に悩むことは、ぞれ自体がストレスとなって抜け毛を増加させるという悪循環をまねきます。こういった方には、フィンペシアによるAGA治療は必要不可欠であると言えます。
フィンペシアによる改善効果でAGAの症状を治療できれば、薄毛や抜け毛で悩んで落ち込んでいた方にとって非常に心強いメンタルケアにもなるのです。

フィンペシアの作用機序

主成分フィナステリドが悪玉男性ホルモンDHTを抑え込んで抜け毛を防止

フィンペシアの効果

プロペシアおよびフィンペシアの主成分であるフィナステリドは、毛乳頭(毛根の司令塔の役割をはたす器官)にある5α-還元酵素II型という酵素の働きを阻害する作用があります。
5α-還元酵素II型、男性ホルモンの一種であるテストステロンを、より強力な作用をもったDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する働きがあります。悪玉の男性ホルモンであるDHTは毛髪の成長を止めて抜け毛を引き起こす、AGAの直接的な原因となる男性ホルモンです。5α-還元酵素II型を阻害してDHTを抑え込めば、それまで短縮されていたヘアサイクルが元通りになります。ヘアサイクルが改善すると、毛髪の成長が正常化し、抜け毛が減って頭髪全体のボリュームアップにつながります。

参考:作用機序|5α還元酵素阻害薬 プロペシア®|MSD

改善とまではいかずとも、抜け毛を防いで現状を維持したいという方にも効果的です。フィンペシアは早期に服用するほど効果が出やすくなるため、薄毛の発症や悪化を予防する効果も期待できます。
AGAが進行してしまった方だけでなく、『最近薄毛が気になってきた』『抜け毛が増えてきた』といった方にも、AGAの進行を止める為のお薬としてフィンペシアの需要が高まっています。

フィンペシアは通販(個人輸入)で購入できます