頭皮ケア -フィンペシアの服用と共に-

フィンペシアヘッダー

このページでわかること

頭皮ケアはなぜ大事か

毛母細胞を傷めると治療が遅れます

紫外線に注意

フィンペシアでAGA治療を成功させる秘訣として第一に、頭皮ケア(スカルプケア)があげられます。これは毛髪の命とも言うべき毛母細胞の活動を促進させるためです。

毛母細胞が弱ってしまうと、細胞分裂が滞って毛髪が成長できなくなり、フィンペシアを服用しても効果が出にくくなります。毛母細胞の働きを活発にするためには、頭皮の毛細血管に養分を十分に送り込み、汚れや雑菌を取り除いて清潔に保つ必要があります。

頭皮のトラブルはAGA治療を遅らせたり、AGAの症状を悪化させてしまう要因となりますので、頭皮ケアは非常に重要です。
以下、頭皮のトラブルとして注意すべき点をまとめました。

かゆみ
誰もが経験しているであろう頭皮のかゆみ。フケ症の方はもちろん、洗髪を怠るとムズムズしてきて、ついつい掻きむしってしまう事が多いですね。 頭皮を引っ掻いて傷つけてしまうと、かぶれや炎症を起こしてAGAを悪化させる要因となります。
フケ
フケは本来、頭皮の新陳代謝が活発になって古い角質が剥がれ落ちたものですので問題ありません。ただし、明らかに異常な量のフケが出てしまう場合や頭皮に紅斑が出来ている場合、脂漏性皮膚炎を起こしている可能性があります。脂漏性皮膚炎は抜け毛の原因となったり、頭皮を傷つけてる事によって育毛を妨げてしまう恐れがあります。
フケ症は頭皮のターンオーバー(細胞分裂サイクル)が何らかの要因で短くなり、角質がすぐに剥がれ落ちてフケがたまる皮膚疾患です。こうなると頭皮のかゆみでついつい掻きむしってしまい、傷ついた角膜を補うために新陳代謝がさらに盛んになってしまうという悪循環におちいってしまいます。
赤み
頭皮が赤みがかってきたら、皮膚疾患の兆しであると考えたほうが良いです。放っておくと脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患にかかって、抜け毛が増えてしまう恐れがあります。
髪のべとつき
皮脂の過剰分泌は、AGAの原因である男性ホルモンの影響によるものです。頭皮が脂っぽくなったり髪がべとついている状態は、脂漏性皮膚炎やAGAの要因となります。

頭皮トラブルは、季節の変化や強い紫外線を浴びる事で起こりやすくなります。頭皮のケアを行い、トラブルを防ぎましょう。

頭皮ケアの方法

頭皮に合ったシャンプー選びを

頭皮ケアの基本中の基本と言えるのがシャンプー選びです。シャンプーには相性があり、頭皮に合わないシャンプーを使うとかぶれ(接触皮膚炎)を起こす場合があります。

基本的なシャンプーの選び方として、脂性タイプと乾燥タイプによってオイリーヘア用とドライヘア用を使い分けるというものです。脂性の方には、洗浄力の強いシャンプーであれば頭皮のがんこな皮脂も洗い流せます。一方で洗浄力が強いと頭皮が乾燥しやすいので、乾燥タイプの人には向かないのです。シャンプーで洗髪した後に頭皮がヒリヒリと痛む場合は、シャンプーが強すぎるという事なので、香料や着色料を含まない低刺激性のものを選びましょう。

また、シャンプーには目的に合わせて有効成分を含んだ薬用シャンプーも多数あります。
AGA治療には、ケトコナゾールという殺菌作用がある成分を含んだものが有効であるとされています。
ケトコナゾールには、男性ホルモンを抑制する働きがあるので、AGAの症状を抑える効果があります。
当サイトでご紹介しているあんしん通販マートでは、このケトコナゾールを含んだ『デノンシャンプー』が販売されていますのでご参照ください。

洗髪は優しく、こまめに行いましょう

効果的な洗髪としては、2度洗いがあります。
まず最初にお湯でよく頭を濡らしておいてから、シャンプーを泡立てて毛髪を洗います。1回ゆすいでから、今度はシャンプーを使って頭皮を洗うようにします。その際に決して爪を立てたりせず、指の腹で優しくもみほぐすように洗いましょう。
フケや脂汚れははこすって落とすのではなく、シャンプーに溶かして落とすのです。
洗い終わったら、丁寧にすすいでシャンプーが残らないようにしましょう。洗い残しはかぶれの原因となりますので要注意です。

また、洗髪の間隔を空けると皮脂がたまって不衛生な状態となりますので、最低でも2日に1回は洗髪するようにしましょう。

頭皮クレンジングも効果的です

頭皮クレンジングとは、クレンジングオイルを用いて頭皮を洗う方法です。
脂は油とよく混ざるという特性があるので、シャンプーに比べて毛穴に入りやすく、皮脂が落ちやすいというメリットがあります。
頭皮クレンジングの方法としてはあらかじめヘアブラシで髪をとかしておき、メイク落とし用のクレンジングオイルを頭皮に直接塗ります。シャンプーと同様に指の腹を使って軽い指圧を行いながら頭皮マッサージを行います。
毛根へしっかりと刺激が行き渡るようにまんべんなくマッサージを行い、お湯で洗い流した後で通常の洗髪を行います。

毛根への血行を良くしましょう

毛根への血流が悪くなると、毛細血管から毛根へ養分(栄養や酸素)が行き渡らなくなり、毛母細胞を弱めてしまいます。

血行を悪くする要因として主にあげられるのが、ストレス、睡眠不足、栄養失調、喫煙などです。

これらの要因は生活習慣を改めるだけで、ある程度は防ぐことができます。
毛根への血流を良くするためにも、睡眠をしっかりとり、栄養バランスの取れた食生活を行いましょう。タバコを吸う方は吸い過ぎに注意し、可能な限り吸わないよう心がけましょう。